3. 自転車への取付方法

本センサーはクランクに装着するだけでケイデンス計測ができます。

重 要

・ 本製品は舗装された道での計測を想定しています。

・ 走行中に強い衝撃が加わると正常な値を計測できない場合があります。

・ 路面状況によっては正常な値を計測できない場合や遅延が発生する場合があります

・ マグネット式センサーと比較して計測に遅延が発生する場合があります。

1. センサーゴムパッドを取付けます。

センサーゴムパッド

2. センサーをクランクに装着します。

左クランク(内側)に装着した場合

ラバーバンド

※ ナイロンタイは、更にしっかり固定したい場合に使用します。(電池交換などでナイロンタイを切断した際は、新たにご購入ください。)

ナイロンタイ

警 告

センサーがしっかりと固定されていることを定期的に点検してください。

損傷したラバーバンドは使用しないでください。

注 意

クランク内側への装着は、チェーンステーとクランクの間隔が12 mm以上の位置に行ってください。

※ シューズがこすれてラバーバンドが傷むことを防ぐため、できるだけクランクシャフトに近い位置に装着することをお勧めします。

Copyright© 2021 CATEYE Co,.Ltd.