一覧へ戻る

ルーメン、カンデラ、ルクスの違いってなぁに?

p3-img01.jpg

自転車のヘッドライトを選ぶ際、Webサイトやパッケージをチェックしたりすると、200ルーメンと書いてあったり800カンデラと書いてあったり...。一体何のことやら。「比較しようと思っても単位が違うから、結局どっちが明るいか分からず選べないじゃないか!」と思われた方、お怒りはごもっともです。

ライトの明るさを比較するには、単位と違いを知っておく必要があります。簡単にご紹介しますね。

ルーメン ルーメン(Lm)とは、光源から放たれたすべての光「光束」の量を表す単位です。
カンデラ カンデラ(cd)とは、光源から出る光の強さ「光度」を表す単位です。照らす範囲の一番明るい箇所の数値です。
ルクス ルクス(Lux)とは、照らされた場所に、どれだけ光が入っているかを表す「照度」の単位です。光源から遠ざかるほど数値は小さくなります。

p3-img04.png

このように、距離(自転車に付けたヘッドライトから照らす物との距離)を指定しないと3つの単位の明るさは比較できないんです。

ただ、これを見てもよく分からない...という方も、どうかご安心を。
昨今のライトはルーメン表記が多くなる傾向にあります。使用単位がバラバラだと比較しにくいので、ようやく各メーカーが表記を統一してきたようです。ほっ、よかった!
自転車用ヘッドライトを選ぶ際はこの「ルーメン」を是非チェックしてみましょう。

自転車のヘッドライト選びに悩んだら

キャットアイの最新情報をお届けします。

メルマガ登録

SOCIAL MEDIA

  • facebook
  • twitter
  • youtube
  • instagram

安全商品

  • facebook