一覧へ戻る

三船さんに聞く、おすすめのライトはどれ?

明るさは、正義

CIMG2270.JPG

元プロロードレーサーで、ブルベの世界でも第1人者として注目されている三船雅彦さん。ライトの重要性を誰よりもご存知の三船さんに、おすすめのライトについて聞きました。

明るさは、正義。
ブルベを楽しむようになってから、実は夕方以降に自転車を走らせるうえで一番重要なのはライトだとはっきり言える。

暗くていいことなんて何もない。暗くて軽量なライトと多少重くても明るいライト。どちらが速く安全かは、実際に試してもらうのが手っ取り早い。
ナイトランで安全に、そして日中に近いスピードで走行し続けるには明るさは重要。そして後続車への視認性として自灯式のテールライト。

今は充電式のVOLT1700と尾灯はOMNI5(OMNI3)を使用している。

どんな悪天候でも突き進めるVOLT1700。防水性能は非常に重要で、過去に何度も嵐の中を走行。余談だが別に好き好んで雨嵐を走っているわけではなく、気が付くと走行予定日には嵐がやってくるという・・・。それでも敢行しているのだが、それはこのライトの信頼性が高いことを知っているからである。もし嵐のナイトランでライトが故障したらと考えるとゾッとする。尾灯は防水性と視認性、そして電池寿命で現在ではOMNI5がベストではという結論にいきついている。
400km以上ではライトは2つ。場合によってはスペアにVOLT800などを持って走ることはあるけれど、走行時間が短くナイトランがほとんどないシチュエーションだとVOLT800に変えていることもあります。

VOLTシリーズも1200から1700へ進化

以前高速道路の高架下を帰宅中、街灯もなくかなり暗かったのでVOLT1200で1200ルーメンを発するダイナミックモードで帰宅していたある日のこと。
大概の車は「オートバイか?」って感じで止まるのだが、その日の軽自動車のおばちゃんが優先道路のこちらに対して一時停止要の細い路地から向かってきて一時停止。こちらを二度も確認したにもかかわらず、約10m弱のところでスタート。そう、当たるギリギリな感じだ。
キャットアイさんの開発の方とのミーティングで「1200ルーメンでは暗いのではないか?車のおばちゃんが全く見えていなかったかのように飛び出してきた。1万ルーメンぐらい発するやつを作ってくれ!」というが開発メンバーに却下された。多分明るさじゃなく、そのおばちゃんの問題だろう、と・・・確かに不自然な挙動は1200ルーメンでも微動だにせず自転車の前に出てきたのだから、1万ルーメンを発しても結論は一緒だろう(笑)

しかしVOLTシリーズも1200から1700へ進化。ルーメン値だけでは測れない部分が改善されているのかルーメン値の向上以上に明るさを体感できる。そして横方向への明るさも前作のVOLT1600からはワイドになりしっかりと確保しているし、何よりもローモードで200ルーメンを発し、バッテリも15時間もつので、通勤ライドはもちろん、ナイトランを安全に行うためにも現時点ではVOLT1700が最強モデルだろう。


VOLT1700

キャットアイの最新情報をお届けします。

メルマガ登録

SOCIAL MEDIA

  • facebook
  • twitter
  • youtube
  • instagram

安全商品

  • facebook